淡水熱帯魚

アピストグラマの飼い方・育て方徹底解説!おすすめする品種5選紹介

アピストグラマの飼い方!おすすめする品種5選!

画像引用元:チャーム楽天市場店

熱帯魚屋さんで夏が終わり始めると盛んに流通し始める小型の美魚がいます。

それはアピストグラマと呼ばれる南米原産の小型シクリッドの仲間で、古くから熱帯魚ファンに根強い人気があります。

この魚の魅力は繊細なヒレと色彩(決して派手なカラーリングではない)、シクリッドながら小型である事。

その種類の多くはペアで流通しているので、ペアで飼うことにより生態の半生を観察できる事にあります。

また産地の違いで種類が多く、長くこの種を飼っても飽きないのもこの種の魅力の後押しになっています。

ただ、その反面この産地が多い(南米の広範囲に生息している)のがこの種を難しくしている要因の一つでもあり、

なかにはPh5という普段、熱帯魚飼育ではあまり体験することない酸性の水質を好む種類や、熱帯魚飼育で1番多い弱酸性の水質、Ph6〜Ph6.5位の水質を好むものもいます。

アピストグラマと一概に言っても飼い方にコツがいる種類と、初めてアピストグラマを楽しむ飼い易い種類がいるのです。

今回は初めてアピストグラマを飼育するのに向いている品種を5品種、そしてペアで飼育する上での注意点をご紹介します。

 

ペア飼育の注意点

アピストグラマの体長は10センチ〜6センチくらいで小型の水槽で飼育が可能です。

そのほとんどは雄が一回り大きく美しい色彩と伸長するヒレを持っています。

雌は一回り小さく地味ですが、産卵期に黄色と黒の婚姻色で染まる場合が多く、雌の見どころになっています。

縄張り意識が強いと心得ること

まず、種は小さいながら非常に気が強く縄張り意識が高いです。

ペアで入れても雄雌で牽制しあったり、最悪は相手を殺してしまったりします。

流木などで隠れ場所を多く作るなどの対処法は必要になってきます。

 

流木などは、この種が【ケーブスポウナー】と呼ばれる物陰で硬いものに産卵する性質を持っているので産卵床としても役に立ちます。

ヒーターで温度調整する

水温はヒーター等を利用して24度〜28度程度を維持できれば良いかと思います。
暑すぎる日も注意が必要です。

濾過フィルターの設置

濾過装置は産卵まで含めて考えるとエアリフト式のスポンジフィルター【テトラブリラントフィルターなど】をお勧めします。

 

モーターで水を回すタイプの濾過機は稚魚を吸い込む確率が高く、万が一のそういった事故は無いに越したことはありません。

もしくは、底面フィルターでも同様の効果が期待できると思います。

低床無しで飼育されて販売されていることが多いと思いますが、初めて買う場合は、

熱帯魚用、またはビーシュリンプ(小型えび)用、

またはメダカ用と謳ってあるソイルを敷いて使用し

 

その水質調整力を利用して飼育するのが最も楽ができる飼育方法と考えます。

(Ph6〜Ph6.5に調整してくれるはずです)

ソイルには粒の大きさがあるので底面フィルターを使用される場合は細か過ぎると目詰まりするので、粒の大きさにご注意ください。

ライト(LED照明)

水槽用のライトもあると雄の美しい色彩を楽しめます。

水槽の大きさに合えば種類は問いません。明るいのに電気代も財布に優しいLEDが、発熱も少なく管理も楽でオススメです。

水槽のフタ

水槽の蓋はしっかりしたものをご用意ください。

小突き合いの最中に誤って飛び出し事故が起こる場合があります。

飼い始めに新しい水槽に慣れるまでの飛び出しにもあると安心です。

以上が揃ったところで、しばらく水槽環境を設置して生態は入れずに水を回し始めて水草を整える期間を設けてください。

特に、私の場合は、スポンジフィルターや底面濾過の場合には3週間〜4週間、生態を入れず水を回して生態を迎える準備をします。

 

初心者向きおすすめアピストグラマ5選

では初心者向きアピストグラマ5選です。

アピストグラマ・トリファスキアータ

 

背鰭の先が伸長し、青が印象的な小型種です。雄でも5〜6センチ位の個体が多くヨーロッパ等からのブリード個体が多く強健で飼いやすい種類です。

 

アピストグラマ・ボレリー

 

全体的に丸っこい体系をしている小型種で色彩の違いで種類わけされて販売されています

こちらも強健な種類で水質にうるさくなく飼える種類です。

 

アピストグラマ・アガシジィ

 

T H Eアピストグラマ。産地に違いによるカラーバリエーションも豊富なためマニア受けも良く、赤を基調に改良されてブリードされた品種も安価に販売されています。

スレンダーな体型に尾鰭の真ん中が伸張する代表的品種。

この品種は水質を弱酸性に整えて飼育が必要になってきます。

 

アピストグラマ・カカトイデス

 

ここにあげた5選の中では大型化する個体が多い種類です。

見栄えがする大型の体型にカラーバリエーションも多く、この種も赤を基調に改良されたブリード個体が販売されており、成長した個体の美しさは圧巻の一言です。

 

アピストグラマ・ビタエニアータ

こちらも、カラーバリエーションが多く人気が高いですが、本種の魅力は背鰭、尾鰭の伸張にあります。

繊細に伸びた美しいヒレを伸ばして、威嚇、求愛する姿は入門種扱いされる品種ですが、アピスト会1、2番を争うと言われることも。

ここにあげた種の中では水質管理が必要になります。

この5選だけでも十分にアピストグラマの魅力を堪能できると思います。

 

まとめ

繁殖行動を観察するのではなく水草水槽で飼育されても独特の美しさを堪能できます。

ぜひ次の熱帯魚飼育の選択肢の中に初心者にもマニアにも楽しめる、アピストグラマを加えてみてはいかがでしょうか。